こちらのアイテムは2021/5/16(日)開催・第三十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

黒の舞師 肆ノ巻

  • カ-16 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • くろのまいし よんのまき
  • 楠 深海
  • 書籍|A5
  • 232ページ
  • 830円
  • 2021/05/16(日)発行
  • 「黒の舞師シリーズ」の第四巻目です。

    あらすじ
    九十九の方が白鷹州公家に無事嫁いだことを見届けたクナたち太陽の巫女たちは、
    すめらの国への帰路、突如として、皇国舞踊団への参入を命じられる。
    舞踊団は、西方にて輝く芸術の国レンディールへ赴き、舞踊団の祭典に出席して、栄誉を勝ち取れとの使命を受ける。
    舞踊団が優勝すれば、すめらの遠征軍の助けになるというのだ。
    クナたちは月の巫女たちばかりの舞踊団で苦労しながら稽古を続け、レンディールに入る。
    そしてクナは出会うのだった。
    伝説の舞技を知る、ひとりの少年に……


    ※ご購入特典として、しおりとポストカードが付きます

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

花の簪ねこもり草子黒の舞師 壱ノ巻黒の舞師 弐ノ巻黒の舞師 参ノ巻黒の舞師 肆ノ巻七色の星氷の女王青い薔薇の魔法白鷹の十字星

「気になる!」集計データをもとに表示しています。