こちらのアイテムは2021/5/16(日)開催・第三十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

黒の舞師 弐ノ巻

  • カ-16 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • くのまいし にのまき
  • 楠 深海
  • 書籍|A5
  • 170ページ
  • 500円
  • 2018/11/25(日)発行
  • 和風大河ファンタジー
    「黒の舞師」の第二巻目です。

    副題
    「竜の巫女」

     黒髪の柱国将軍が住まう、黒の塔。
     いけにえの巫女ではなく妻としてそこに連れてこられたクナは、
     自身が人とは違う種族出あることを知る。
     黒髪様に愛されながら、巫女団に鍛えられ、舞の技を極めていくクナは、
     心惹かれる人はかつて自分とそっくりの少女を愛していたことに悩むのだった。
     太陽神殿と月神殿が権力争いを繰り広げるなか、
     黒髪様は、帝に喚ばれて御所で新年を過ごすことに。
     帝が姉妹を囲っているかもしれないと知り、クナは突然の巫女団の招集に加わりたくて、 
     師である巫女たちに願うのだった。

    「どうか、置いていかないでください」

     しかし御所にて黒の塔の巫女団は、危機にみまわれるのだった。

     
     
     
     





ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

花の簪ねこもり草子黒の舞師 壱ノ巻黒の舞師 弐ノ巻黒の舞師 参ノ巻黒の舞師 肆ノ巻七色の星氷の女王青い薔薇の魔法白鷹の十字星

「気になる!」集計データをもとに表示しています。