こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

カレー100店レビューしたら、なぜかエモいコラム集になった件。

  • ツ-11 (評論・研究|アイドル・芸能)→配置図(eventmesh)
  • かれーひゃくてんれびゅーしたらなぜかえもいこらむしゅうになったけん
  • 手条 萌
  • 書籍|A5
  • 800円
  • 100のカレー(レトルトなども含む)について、全P書き下ろし(すべて写真付き)でレビュー。 カレーには読み解き方があり、新しいカテゴライズの提示が必要だ。 解釈の余地は、私たちに選択肢と思考の機会を与える。「愛」の次には「解釈の余地」がやってくる。 私たちはもはや、カレーが好きな気持ちだけでは生きられないのだ。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

2020年代お笑いプロローグ 優しい笑いと傷つけるものの正体ゼロ年代お笑いクロニクル おもしろさの価値、その後。平成男子論フリータイムは終わらない。町カラオケ、そこにポリシーはあるか?推しが結婚するということエイサイハラマスコイおどりとは何だったのかポストおひとりさま時代の遊戯論 非生産的遊びのススメ尊いのは推しだけではない 応援の構造とファンコミュニティの罠カレー100店レビューしたら、なぜかエモいコラム集になった件。

「気になる!」集計データをもとに表示しています。