こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ゼロ年代お笑いクロニクル おもしろさの価値、その後。

  • ツ-11 (評論・研究|アイドル・芸能)→配置図(eventmesh)
  • ぜろねんだいおわらいくろにくるおもしろさのかちそのご
  • 手条 萌
  • 書籍|A5
  • 56ページ
  • 500円
  • 2019/12/30(月)発行
  • 誰が芸人を殺したのか?

    ゼロ年代の10年間を中心に、2010年代までの近代日本のお笑いブームを振り返りながら、お笑いそのものと、お笑いを取り巻く事象を切り口に、商業と芸術、コンテンツビジネスの思惑、モテる男子像の変化、生きづらさの理由、そして批評の役割を徹底考察!

    新時代の1ピースとなるべきお笑い評論本。これは「あなた」へのメッセージである。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

2020年代お笑いプロローグ 優しい笑いと傷つけるものの正体ゼロ年代お笑いクロニクル おもしろさの価値、その後。平成男子論フリータイムは終わらない。町カラオケ、そこにポリシーはあるか?推しが結婚するということエイサイハラマスコイおどりとは何だったのかポストおひとりさま時代の遊戯論 非生産的遊びのススメ尊いのは推しだけではない 応援の構造とファンコミュニティの罠カレー100店レビューしたら、なぜかエモいコラム集になった件。

「気になる!」集計データをもとに表示しています。