こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

アメリカのクラフトビールをダイバーシティという視点で読む

  • ツ-27 (評論・研究|食文化・料理・グルメ)→配置図(eventmesh)
  • あめりかのくらふとびーるをだいばーしてぃというしてんでよむ
  • CRAFT DRINKS
  • 書籍|B5
  • 800円
  • 2020/11/22(日)発行
  • はじめまして、文学フリマ初参加のCRAFT DRINKSです。本業の酒販の傍らクラフトビール品評会の審査員や日本初のケグ内二次発酵シードルなどの開発も行っています。また、「クラフトビールはクロスオーバーだ」をモットーにお酒と人との関わりについて日々書いています。 
    http://craftdrinks.jp/
    2018年、2019年に大学院で特別講義も行いました。その講義録をベースに加筆・修正した「クラフトビールの今とこれからを考える本」が現在猫舌舎より販売中です。
    https://amzn.to/2Ho7pZS
    専門家として東洋経済オンラインにクラフトビールに関する寄稿もしております。 
    https://bit.ly/32ZIbIN

    さて、今回の新刊はクラフトビールとコミュニティについてです。クラフトビール発祥の国アメリカでクラフトビールは人気を博していますが、アメリカ人と一口に言っても様々です。実際に誰が飲んでいるのでしょうか?そこには多民族国家ならではの状況があり、それに対する新たなアクションもたくさん生まれています。本作はそんなことを客観的な数字や事実の積み重ねで描き出そうという試みです。

    こんな方に読んで頂けたら多少なりとも何かのお役に立てるのではないか、と思います。

    ①小説、シナリオなど創作をなさる方の資料として
    クラフトビールって地ビールとはどこか違うイメージがありませんか?小道具として使うにしても「地ビールを飲む人」や「クラフトビールを飲む人」というだけで何かしらのイメージがそれぞれ浮かんできます。今回の本はアメリカという国に限った話ではありますが、クラフトビールを飲む人というのは一体どういう人たちなのか?ということを客観的な数字や事実の積み重ねである程度表現できたように感じます。ある種文化的なアイコンと認識されているクラフトビールの現状を知って頂けるのではないかと思います。拙いものではありますが、カルチャースタディの一つとして捉えて頂ければ幸いです。
    ②アメリカのクラフトビールが好きな方に新たな視点を持って頂くきっかけになるかも
    最近ものすごい種類のビールが日本に輸入されています。世界的にも極めて評価の高いものも少なくなく、色々飲んでみるだけでも非常に楽しいです。確かに現在アメリカで評価されているものがどういうものかを知るのは意義深いものだと思いますが、その前提となる「その評価をしているアメリカ人って一体誰なの?」という話が日本では全然為されていないのではないかとも感じます。クラフトビールカルチャーの発祥がアメリカなのは間違いありませんが、それを担うアメリカ人と言っても色んな人がいるわけで、一言では表しきれないのが当然だというのを改めて強調したいわけなのです。そのあたりの解像度をもうちょっとだけ高めてみませんか?というのがCRAFT DRINKSからのご提案です。
    ③仕事でクラフトビールに携わっている方の「お客様の捉え方に関するヒント」として
    今回アメリカのクラフトビールコミュニティについて僅かながら明示できた部分があると思います。そのことによって、「で、日本の場合はどうなんだい?」という新たな問いを立てる道筋がぼんやりと見えた気がしないでもないのです。この問いは事業者からすると、「クラフトビールシーンを支えてくれるファンの方とは誰なのか?」という全体俯瞰的なマクロ視点であり、それと同時に「うちのお客さんって誰なんだっけ?」という「今いるこの場所」に関するミクロ視点の話にも繋がっていくような気がしてなりません。きっと唯一無二の正解などどこにもないのだけれども、「クラフトビールコミュニティとは何か?」を考える一つのきっかけにして頂けたらこの上ない幸せです。

    注意)画像はいわゆるお品書きで、本作表紙絵とは異なります。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

アメリカのクラフトビールをダイバーシティという視点で読む文脈とビール

「気になる!」集計データをもとに表示しています。