こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

壮途の青年と翼賛の少女

  • エ-18 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • そうとのせいねんとよくさんのしょうじょ
  • 田畑農耕地
  • 書籍|四六判
  • 308ページ
  • 1,650円
  • 2020/08/15(土)発行
  • 僕らを閉じ込めたのは誰だ?
    脳幹を刺激する脱出系エンターテイ
    ンメントミステリー!

    「第4回草思社・文芸社W出版賞」文芸社金賞受賞作品。
    孤独だがそれを苦としない高校生・街端路人は文芸部の合宿で山荘に来ていたが、そこは窓に鉄格子がはまり、正面玄関からも脱出不可能という異様な施設だった。そのうえ他の部員たちは似ても似つかない中年男を顧問の教師だと思いこんでいる。状況の異常さに気づいていた街端と4人の部員たちは職員に気づかれないように施設内を調べはじめる──。

    ※商業出版社から発行された作品です。なお、今回の頒布に際しては出版社の許可を得ています。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

田舎へ旅を〈新装版〉アンチ文化侵略忘れえぬ生涯壮途の青年と翼賛の少女

「気になる!」集計データをもとに表示しています。