こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

青空の月

  • エ-39 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • あおぞらのつき
  • 小野木のあ
  • 書籍|電子書籍
  • 380ページ
  • 380円
  • 2020/07/07(火)発行
  • 文学フリマ東京当日無料


    立ち尽くしたまま見上げた何も無い青空を、私はきっと一生忘れない―――

    日々の暮らしの中で、こぼれ落ちていく思い。
    澱のように漂う記憶の欠片たち。
    エッセイ、ショートショート、短編小説で綴る、感情の機微を丁寧に描いた作品集。

    収録作品

    〈エッセイ〉
    ペットボトルロケット
    空を見つけた日
    イタチ
    ファニーフェイス

    〈ショートショート〉
    砂浜に無数の貝の遺骨
    旅客機が腹見せ飛んで行く

    〈短編小説〉
    蚊の存在感に勝てない
    六十九階
    積み上げた情熱の重みで全身麻痺の様相
    月を両手で捕まえて動けずにいる
    実家に火をつけるのは二度目夢の中
    暗闇偏愛日記
    風船の頃
    青空の月

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

旧友は蛍を見たかさらば、名もなき群青たちやわらかな水放課後の彼女Summer Inspiration十時前JOKERに愛された男およそ夏のおわり白い橋カフェ・マリオネッタリストランテ・マリオネッタやわらかな水青空の月およそ夏のおわり旧友は蛍を見たかさらば、名もなき群青たちSummer Inspiration全部、嘘。マーメイドブラッド

「気になる!」集計データをもとに表示しています。