こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

魔女を殺す

  • ウ-16 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • まじょをころす
  • 宇津木健太郎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 234ページ
  • 1,000円
  • 2020/05/06(水)発行
  • ジャンル:SFサスペンススリラー、群像劇

    大気が有毒性になって、数十年。
    ガスマスクが必需品となり、人類は完全密閉された高層住宅棟での生活を余儀無くされる。

    所得格差の拡大が大きな問題となり、技術躍進の無くなった時代に突入した人類は、
    最早緩やかに死を待つ種族となっていた。

    そんな時、フジカズコーポレーションが革新的な研究成果を発表。
    人体実験にも近いその研究は、人類最後の希望となる。

    しかし自然主義のテロリストグループ『渚』は、そんな研究を許さなかった。

    未来に希望の持てなくなった世界で、長谷川秋穂(はせがわあきほ)はマスクの下に本音を隠す。
    けれどそんな、自分を殺した生き方を苦痛に感じていた。
    だからこそ、大川美里(おおかわみり)のように自由に生きる少女に憧れていたのだが...

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

我楽多街話集 廃棄物の夢の話魔女を殺す我楽多街話集 夢鯨の話拝啓、世界の底より我楽多街話集 三月海月の話我楽多街話集 月狂兎の話

「気になる!」集計データをもとに表示しています。