こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

スーザン・ホープリー

  • チ-21 (評論・研究|ミステリー)→配置図(eventmesh)
  • すーざん・ほーぷりー
  • キャサリン・クロウ
  • 書籍|新書判
  • 『スーザン・ホープリーの冒険、もしくは状況証拠(Adventures of Susan Hopley; or Circumstantial Evidence)』は、一八四一年にロンドンのSaunders & Otley社から、三巻本として発行された。

     著者のキャサリン・クロウ(Catherine Crowe、一八〇三〜一八七六)はイギリスの女流作家・劇作家である。彼女はシドニー・スミス、トーマス・ド・クィンシー、ウィリアム・サッカレーらと交流があり、彼女に執筆を勧めたのはスミスであると、言われている。

     彼女の作品は、複雑で入り組んだセンセーショナルなプロットであり、同じエジンバラに住んでいたサー・ウォルター・スコットやジェーン・オースティンよりも、リチャードソンやフランシス・バーニーの流派に属するものだと、アデラィン・サージェントは『Women Novelists of Queen Victoria’s Reign』(一八九七)で、述べている。

     発表当時『スーザン・ホープリー』は大好評で、数多く版を重ねただけでなく、他人の手で舞台化されたりしていた。サージェントは「プロットは創意に満ちており、スーザンの弟がハンサムな紳士に殺害された事件から始まって、彼女の努力のおかげで、被害者の一人が告白をして、彼の犯罪が明るみに出るのである。ここには扇情小説のすべての要素が詰まっているが、唯一、読者の心を惹きつける女性主人公が存在しない。スーザンは家庭的な美徳を体現しているものの、面白みがない人物で、メイベル・ライトフットのような『美人で高慢な』メイドの魅力に欠けている」と、述べている。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

スーザン・ホープリー蒼き死の腕環

「気になる!」集計データをもとに表示しています。