こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

光の花束

  • サ-09 (小説|恋愛)→配置図(eventmesh)
  • ひかりのはなたば
  • 笹塚心琴
  • 書籍|A5
  • 98ページ
  • 800円
  • 2019/05/06(月)発行
  • たとえ言葉が霧散しても、彼らの生きた痕跡は消えない。

    短編小説。

    精神科医の森下芳之は、ある日の夜勤明けに若き男性患者・篠崎隼人と出会う。
    隼人の口から繰り返し漏れる「ランパトカナル」という謎の言葉。
    その意味がほどかれて「彼ら」の過去が暴かれるとき、二人の間に不可思議な絆が訪れる。
    それを、いったい誰に咎めることができるだろう。

    人が人を「救う」こととは果たしてどういうことなのか。
    「救い」が起こるとき、いったい誰が「救われる」のか。

    (命を無条件に肯定することがなぜこんなにも困難なのだろうか。)

    問いかけはただ虚しく、「彼」の抱く傷だけがその答えを知っている。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

コトノハしあわせのかたち歌集 流るるる光の花束星見ヶ丘詩集 溢れる詩集 絶対的生存肯定学

「気になる!」集計データをもとに表示しています。