こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

エド・ウッド 親愛なるサイテー監督の世界

  • エ-03 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • えど・うっど しんあいなるさいてーかんとくのせかい
  • 革命的cinema同盟
  • 書籍|A5
  • 180ページ
  • 1,000円
  • 2018/11/25(日)発行
  • 【評論】1980年。一冊の本が一人の男に、史上最低の映画監督の称号を与えた。
    映画が好きというだけで1950年代のハリウッドを駆け抜けた男エド・ウッド『ゴミみたいな映画はたくさんあるが、映画みたいなゴミを撮るのはエド・ウッドだけ』と言われるほど、彼の映画は軒並み最低品質のゴミ映画ばかりだった。彼の死後、映画オタクたちが彼の作品を「あまりのつまらなさに一周回って面白い」と評価し、彼に史上最低の映画監督の称号が与えられた。
    以来50年。多くの監督が多くの観客に絶望を与えた。しかし、後にも先にも史上最低の映画監督と言われたのは、彼ーエドワード・D・ウッド・Jr以外いなかった。彼を敬愛したティム・バートンが、彼を題材に伝記映画を撮影した。それはアカデミー賞等著名な映画賞を受賞し、彼の悪名は世界規模になった。
    しかし、この男の映画を見た我々は思う。「本当にこれが史上最低の映画なのか?」
    これよりひどい映画なんて、たくさんある。これよりつまらない映画なんて、たくさん購入している。
    『デビルマソ』より楽しい。この程度で、史上最低を名乗るんじゃない。
    果たして、エド・ウッドは本当に史上最低の映画監督なのだろうか?
    本書では先行の書籍を踏まえて、史上最低の映画監督の人生を追い、彼の作品の紹介、そして伝記映画『エド・ウッド』で描かれなかった彼の人生を追いかける。同時に、『エド・ウッド』と史実の相違を突っつき上げ、彼の作品に登場した俳優たちを28人紹介する。

    【主な内容】
    1サイテー監督の生涯
    『黄金時代』とその終わり、そして『エド・ウッド』で描かれなかった、晩年の戦いの日々を追いかける。死後の再評価の中で、彼は何を思うのか。
    2史上最低の映画レビュー
    本書では代表作『グレンとグレンダ』『牢獄の罠』『怪物の花嫁』『プラン9・フロム・アウタースペース』はもちろんのこと、『X博士の復讐』『ナイト・オブ・ザ・グールズ』『ネクロマニア』『クレイジーキャッツ/早く起きてよ』など一般には、知りたいと思う人すらいない、ゴミ映画のレビューも行う。レビューを読んだだけで、見た気持ちになってはいけないよ。いいね?映画は自分で見てから語ろう。そして絶望するがいいよ。
    3エド・ウッドの仲間たち
    彼の映画に出演した名優たちを25人紹介する。その中には、マカロニ映画に偉大なる足跡を残したある人物がいたのだ。
    4『エド・ウッド』解説
    始まりは若い二人脚本家のファンレターだった。誰にでも安心してみせることができる名作の真実に迫る。

    ※URLはBoothの商品購入ページです。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

天使のいる地獄片腕アラサー 対  血みどろスケバン狂騒曲アタック・オブ・ザ・パルプシネマ伝説のエンタメ短編集No1!『こ・めでぃうむ20161123』伝説のエンタメ短編集No2!『こ・めでぃうむ20170507』エド・ウッド 親愛なるサイテー監督の世界パルプシネマの倫理と愛好家の精神進撃のヘンテコゾンビ48

「気になる!」集計データをもとに表示しています。