こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

天狗の眼(上)

  • ク-04 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • てんぐのめ じょう
  • 末 喜晴
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 308ページ
  • 600円

  • 俺の右目は天狗の眼 人に見えないものを見る


    妖狐・芭尾に妻を喰われてしまった平二

    天狗から眼を譲り受け、妖力を身に付けた平二は、妻の仇を追う

    幕末の横浜、現代のイタリアを舞台に、妖怪と人間の戦いを描く長編伝奇アクション小説


    〈あらすじ〉
    慶応二年(西暦一八六六年)十月、甲斐国の身延山近くに暮らす平二とその妻おゆうは、妖狐・芭尾(ばび)に襲われた。芭尾は、おゆうの皮を剥いでそれを被り、おゆうに成り代わって逃げていった。 
     人を食べる禁忌を犯した芭尾は、天狗の太秦坊によって封印されたものの、それを破って逃げ出したのであった。太秦坊は、化けた芭尾の姿を知る平二に、芭尾を追討するよう願い出る。失った右眼の代わりに、太秦坊の眼を譲り受けた平二は、妖狐の円狐えんこ、一つ目の一目いちもくと共に、妻の仇を追う旅に出る。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

天狗の眼(上)天狗の眼(下)ミスターゴーストハンター

「気になる!」集計データをもとに表示しています。