こちらのアイテムは2020/5/6(水)開催・第三十回文学フリマ東京(中止)にて入手できます。
くわしくは第三十回文学フリマ東京(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

月光の封土「夜待月」

  • げっこうのほうどよるまつつき
  • 宮田 秩早
  • 書籍|A5
  • 100ページ
  • 300円
  • 2009/05/01(金)発行
  • ダークファンタジー風味の吸血鬼小説。
    文学フリマ京都新刊 「風鳥詩」の本編にあたります。「風鳥詩」の登場人物も登場します。

    収録作品:宮田秩早「夜待月」
             「聖少女(改稿版)」
             「ひみつの花園」おまけ短編

    宮田秩早「夜待月」(桐珂の乱)
     珪珂五十九年、王弟キリエに囚われていた国王カナンが救い出されたのち。
     カナンは大公爵居城「賢者の篝火」にあった。
     不本意な帰郷にいらだちつつも、大公爵とともに近い未来の戦いに備えようとするラシード。
     堕天使でありながら、みずからの守護精霊である魔天・揺籃とともに練兵に力を尽くす蒼樹。
     そして、王国の祭主として、世の平穏を、ひとのこころの安らぎを祈りつつ、明日香にかつて愛した少女の面影を重ねるカナン。

     内戦の危機を孕みつつも、平穏に過ぎてゆく夜。
     蒼い月と潮騒の音に満たされた、静かな夜の物語。

     万象の綺夜から続くお話の、新章開幕編、ということで、今回は登場人物の対人関係や立ち位置、気持ちの置き所を整理するような流れになっています。
     これ一冊で万象シリーズのわたしの話は「花祭」以外、すべて概略が網羅できるはず。

    宮田秩早「聖少女(改稿版)」
     万象の綺夜1に掲載されていた作品の改稿・再録です。
     「夜待月」のメインテーマ、カナンと明日香の関係のはじまりの物語。

    宮田秩早「ひみつの花園」(おまけ小説)
     「夜待月」でお風呂に入ろうとしていた蒼樹とその守護精霊である揺籃。
     本編ではカットされてしまったほほえましい(?)主従のお風呂シーンの全貌……なんて読みたい人がいるのかどうかは謎。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【新刊/無料配布】ファンタジー世界で税金を徴収する方法・地租編帰還【無料配布】「吸血鬼氏の家政婦さん」全5話吸血鬼作品集「VIAGGIO NOTTURNO」祝祭 カルネヴァーレ【新刊】吸血鬼映画 Chaotic Catalog vol.3吸血鬼映画 Chaotic Catalog vol.2吸血鬼映画 Chaotic Catalog vol.1Et mourir de plaisir月光の封土外伝「風鳥詩」月光の封土「夜待月」万象の綺夜2万象の綺夜3万象の綺夜4万象の綺夜5万象の綺夜6万象の綺夜7睡蓮運河万象の綺夜 備忘録【委託】人魚のかたり【委託】The Beautiful People【委託】弓と空【委託】ペルセウスの旅人【委託】冷蔵庫の中でピ●コロさんが気を溜めている【委託】絶望の向こう側【委託】シューラングの獣(上・中・下)全三巻

「気になる!」集計データをもとに表示しています。