こちらのアイテムは2020/5/6(水)開催・第三十回文学フリマ東京(中止)にて入手できます。
くわしくは第三十回文学フリマ東京(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

死霊術師の菜園

  • しりょうじゅつしのさいえん
  • 凪野基
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 200ページ
  • 800円
  • 2019/01/20(日)発行

  • ――いつか、きみに調伏されたい。



    そう嘯く死にたがりの地縛霊ミカエルと、駆け出し死霊術師ユディテの奇妙な同居生活が始まった。
    接触即死、否応なしの清く正しいラブコメディ。
    食べることと生きること、よく生きよく死ぬことに思いを馳せる現代ファンタジー。


    ◆番外編「Noteless」は本編の約35年前、親世代のお話。ネタバレはありません。

    カクヨムにて全文公開中です

    お気に入り部分抜粋(twitterモーメント)
    「#ふぁぼの数だけこれから出す本からお気に入りの一文を晒す」で構ってちゃんした分です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【新刊】短編集 Jubilee!麗威の見た夢星に願いを、鏡に愛を死霊術師の菜園双つ海に炎を奏でインフィニティシリーズ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。