こちらのアイテムは2020/5/6(水)開催・第三十回文学フリマ東京(中止)にて入手できます。
くわしくは第三十回文学フリマ東京(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

十五と、ひと夜

  • じゅうごと、ひとよ
  • 広友詞子
  • 書籍|A5
  • 28ページ
  • 200円
  • 2018/09/01(土)発行
  • ひとつのところをくるくると回っている。
    鴨たち、月の精たち、閉じた本の頁の陰で。花びら一枚、落ちるほどでもない重みの夢で。わたしと水鳥たちが冬の名残りを求めている。芯のつめたい日々の裏で。並行して。人の生業の緩く曲がる、その暦の下の欄。
    わたしと鴨たち。回っている。金いろの筆跡をたどっている。誰かには読めるかのように。

    ――「十五と、ひと夜」

    =====

    ・本文は手書き原稿をスキャンして作っています。
     活字と異なり、すべての文字が見やすくくっきり写っているわけではありませんが、
     お読みいただくには支障ありません。

    ・「文学フリマ東京」当日のお求めでは、iichi での表示金額(300円)よりお安く販売します。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

うつくしい待ち時間海鳥の記憶/卵の記憶Gecko舎十五と、ひと夜エコトーン詩と写真・絵  『詩写』

「気になる!」集計データをもとに表示しています。