こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

降霊術師 黒い森の物語

  • ヌ-08 (評論|ミステリー)→配置図(eventmesh)
  • こうれいじゅつし
  • ローレンツ・フランメンベルク
  • 書籍|B6
  • 284ページ
  • 1,500円
  • 2019/08/10(土)発行
  • 絹山絹子訳。
    数十年ぶりに再会したヘルマンとエルフリードは旧交を温めるうちに、互いが因縁のある恐怖体験をしてきたことを知る。黒い森の古城を皮切りに場所を変え、時代を越え、次々に姿を見せる降霊術師は、妖術を駆使しておぞましい怪奇現象を起こしていく。果たして彼は何者なのか?その目的は何なのか?
    ジェーン・オースティン『ノーサンガー・アベイ』に登場する九つの恐怖小説のひとつである本作は、初期ゴシック小説、悪漢小説と探偵小説を結ぶミッシング・リンクである。
    『吸血妖魅考』で有名なモンタギュー・サマーズの詳細な解説付。本邦初訳。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

戦前『犯罪公論』小説傑作選降霊術師 黒い森の物語阿部徳蔵魔術小説集 明暗屏風阿部徳蔵魔術小説集・未亡人の妖術阿部徳蔵魔術小説集・水晶凝視と犬虫太郎資料集ダクダク4 特集呪術師・護符・迷信生者の埋葬黒死館学園入試問題集2015黒死館殺人事件的絵葉書集黒死館逍遙 総集編CDROM

「気になる!」集計データをもとに表示しています。