こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ゆるり

  • ソ-24 (小説|短編・掌編・ショートショート)→配置図(eventmesh)
  • ゆるり
  • 葉原あきよ
  • 書籍|豆本
  • 96ページ
  • 3,500円
  • http://oakiyo.com/mame/mame63…
  • 2014/3/1(土)発行
  • 「ゆるり」
    泥だらけの手を振る友達の顔がほろほろ崩れて、夕焼け空に月が笑う。
    彼の名前はもう思い出せなかった。

    妖怪が出てくる掌編作品集です。
    主人公は人間です。
    怪異は起こりますが、怖かったり怖くなかったりです。

    革表紙のハードカバー豆本。
    本文96ページで、小さいけれど厚みがあります。


    ★目次★
    「五位の光」・・・五位の光
    「祖母の遺品」・・・雲外鏡
    「おかえり」・・・座敷童子
    「あの猫」・・・猫又
    「私の王子様」・・・獺
    ※Web上では公開していません。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

息の根魔女の子どもたち魔女の嗜み夜のいずれかペットボトルメールペットボトルメール・横彼女は鳥かごの中彼女は鳥かごの中2「緑、黄、赤、そして青」彼女は鳥かごの中3「普通の小さな白い鳥、誰かの大きな黒い鳥」金の葉の魔女ゆるりきみがわるい酸化と還元8月サイダー季節の花シリーズ超短編豆本シリーズ「P」超短編豆本 2017年夏ノ巻超短編豆本 2019年青ノ巻春の夜お豆本キット豆暦2020(超短編付き3個セット)彼女は鳥かごの中 試し読み版

「気になる!」集計データをもとに表示しています。