こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

紫の宝石

  • ソ-52 (小説|ミステリー)→配置図(eventmesh)
  • むらさきのほうせき
  • 鳴原あきら(Narihara Akira)
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 92ページ
  • 500円
  • 2019/03/21(木)発行
  • イエロー・カナリーのボーカル、庄司大地。
    ストリートで歌う彼に謎の男が近づいてきて、奇妙な予言をしてくる。
    「知らない人から物をもらっちゃいけないって、いつもママに言われてるんだ!」
    うまく逃げられたかと思ったが、それから大地は、次から次へと怪しい人物に取り囲まれる。
    バンドメンバーは不安げだ。
    「もしかして大地は、命を狙われてるんじゃないのか?」

    『籠の鳥』に続くバンドミステリ第二弾。
    一冊目を読んでなくても読めますが、併せてお読みいただけたら幸いです。
    試し読みはこちら。 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10844953
    「うそと本と」レビューはこちら。 https://sites.google.com/view/lie-and-book/tr8_review08/tr08_093

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

紫の宝石籠の鳥美少年興信所〜所長の蜜月〜Between the Sheets瀕死の探偵美少年興信所〜所長の憂鬱〜美少年興信所〜所長の逆襲〜美少年興信所お母さん彼の名はA 前期総集編彼の名はA 番外総集編【ミステリ・推理・ハードボイルド】彼の名はA 北風と太陽と好奇の目罪はない夏の黄昏逢いたい幕間の夏それから甘えていいよバシア・バスイールの告白委託・吉田ひな子作品集『なんでだい?』

「気になる!」集計データをもとに表示しています。