こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

早稲女×三十歳【完全版】

  • ア-20 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)→配置図(eventmesh)
  • わせじょかけるさんじゅっさいかんぜんばん
  • 早乙女ぐりこ
  • 書籍|A5
  • 400円
  • 2018/11/25(日)発行

  • 「早稲女」と「三十歳」。

    どちらも呪いのように自分のあり方を期待しようとする言葉だった。

    29歳の誕生日に、夫から離婚を切り出された早稲女同盟編集長が

    様々な喪失を経験しながら「30歳」を超えるまでの25ヶ月間。

    絶望も希望も、すべて言葉にして紡ぎ出す記録文学。


    「三十歳までに、別居や転職、出産するかしないかも含めて人生設計を考えたい」

    そう(当時の)夫に告げたのは2015年9月、私の二十八歳の誕生日だった。しかし実際には、人生設計を考えるどころか、私はその後別居を始めとする様々な行動を起こし、当時の自分が手にしていた様々なものを手放すことになる。

    これは、そんな私が三十歳を迎えるまでの十二か月の出来事を綴った文章(前編)に、三十一歳になるまでの十二か月の出来事について書き下ろした文章(後編)を追加し、一冊にまとめたものです。

    ※2019年11月 第2版刊行
    ※前編のみ、早稲女同盟note(URL参照)でも有料公開しています。
    諸般の事情により、後編はネットで公開する予定はありません。
    文フリ東京がお手にとって読んでいただける唯一の機会なので、
    ぜひ、ブースにお立ち寄りください。



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

いばら道vol.4早稲女×アイドル「いばら道vol.5早稲女×家」早稲女×三十歳【完全版】『東京一人酒日記』

「気になる!」集計データをもとに表示しています。