こちらのアイテムは2018/11/25(日)開催・第二十七回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十七回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

目は口ほどに

  • Fホール(2F) | イ-48 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • めはくちほどに
  • Veilchen
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 22ページ
  • 100円
  • 2018/11/25(日)発行


  • 現代、ホラー
     私には人の「陰口」が見える―― 女子高生の瑞希には、人の身体のどこかにその人の本音を語る「口」が見える。本音と建前の両方を聞いて立ち居振る舞いを決めるのが彼女の処世術だった。でも、ただひとり、転校生の井上君だけには「口」が見当たらなくて――

    1万3千字程度の掌編です。お試しとしてどうぞ。 未公開の作品です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

永遠のエレオノーラ鱗粉注意報廃墟の怖い話王の愛する寵姫僕たちのメタモルフォーゼ目は口ほどに

「気になる!」集計データをもとに表示しています。