こちらのアイテムは2018/11/25(日)開催・第二十七回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十七回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

鱗粉注意報

  • Fホール(2F) | イ-48 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • りんぷんちゅういほう
  • Veilchen
  • 書籍|A5
  • 40ページ
  • 300円
  • https://ncode.syosetu.com/n63…
  • 2018/11/25(日)発行


  • 現代ファンタジー「鱗粉注意報」 
     口から無数の蝶を吐き出して死ぬ、という奇病に怯えるようになった世界。犠牲者の筋肉や内臓を食い尽くしたかのように、蛹のような人の殻だけを残し、煌く鱗粉を撒き散らして飛び去って行く蝶の群れ。  降り注ぐ鱗粉に人は怯え――やがて慣れた。交通事故や病気や老衰の他に、死因がひとつ増えただけ。鱗粉予報を毎朝見ながら、誰もが当たり前に生活している。そんな世界で蝶に憧れる彼女の話。 ホラー「剥がれ落ちて生れ落ちる」
     子供の頃、チョウの交尾を見たんだ。初めて見たから最後まで見ちゃってさ。終わった後、一匹が俺の方に飛んできてさ――何か、つい、捕まえて蜘蛛の巣に掛けちゃったんだよね。
     バーの片隅で、ナンパ相手にした昔話。それが恐怖と激痛の引き金となってしまう。子供の頃に弄んだ命。堕胎された赤ん坊。生まれなかった命が生まれようとする時、求められるのは他の命の犠牲だった。

    「小説家になろう」に掲載していた短編二作品を加筆修正の上、収録しました。いずれも「蝶を吐く」をテーマにした作品です。





ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

永遠のエレオノーラ鱗粉注意報廃墟の怖い話王の愛する寵姫僕たちのメタモルフォーゼ目は口ほどに

「気になる!」集計データをもとに表示しています。