こちらのアイテムは2018/5/6(日)開催・第二十六回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十六回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

カルミラ族の末裔

  • イ-47 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • かるみらぞくのまつえい
  • 伊藤裕美
  • 書籍|B6
  • 168ページ
  • 1,200円
  • 2017/05/07(日)発行
  • 試し読み→https://note.mu/itoyumille

    刊行10周年記念長編小説。
    単色カラー、二段組。

    19世紀末、屋根裏で見つけた白い書を持ってベリイ女学校に入学したペネロピー・ザヴィアーは、
     夏至の夜、時計塔に隠れ住むリデルに出逢う。
    リデルは、対のような赤い書を持ち、不思議な仲間と暮らしていた。
    交流を持つうち、共感を深めるふたりだったが、リデルには不可解な点がいくつもあった。
    ペネロピーによって書き進められる白の手記と、リデルによる赤の手記が織り成すゴシック・ロマンス。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

カルミラ族の末裔SETカルミラ族の末裔寄宿舎の秘密闇夜色の書乙女とギタリストサンプルセール「オデットとオディール」サンプルセール「灰狼」サンプルセール「清らかな毒草」サンプルセール「人形院」サンプルセール「悪魔の花束」委託「フルーツパフェ幻想」「mille-feuilleロゴ」エコトート

「気になる!」集計データをもとに表示しています。