こちらのアイテムは2018/5/6(日)開催・第二十六回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十六回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

青と茜と砂漠の国

  • イ-51 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • あおとあかねとさばくのくに
  • 風野湊
  • 書籍|その他
  • 76ページ
  • 800円
  • 2014/11/24(月)発行
  • 【崩壊する空想に、どうか歓声を】

    【旅行記 / 新書版 / オンデマンドフルカラーカバー / 76P(内カラー10P)】

    ※再版と印刷所変更に伴い、2017年11月頒布分より、カバー付きの仕様となりました。
    ※印刷所側の価格改定に伴い、2019年5月再販分より、頒布価格を変更しました。


    本書はガイドブックではありません。
    おそらく紀行文でもありません。
    では小説か詩集かといえば、それも違うように思います。

    「お話」、どうやらこれが一番近い。

    これは、モロッコを旅したときのお話です。


    ▼朗読音声
    マラケシュが呼ぶ雨の音|Soundcloudへジャンプします

    ▼旅先写真
    http://feelingskyblue.tumblr.com/

    ▼感想ツイートまとめ
    https://twitter.com/i/moments/800194146715607041

    ===============================================

    サハラ砂漠に憧れて、ひとりモロッコを訪ねたのが2014年春のこと。
    その旅の記憶をもとに、八編のお話を書き下ろしました。
    はたしてこれは旅行記なのか何なのか、
    エッセイと詩と小説の間をふらふらと彷徨いつつ、
    言葉の中でもう一度、モロッコを巡ってゆきます。

    また、巻頭と本文中には、旅先で撮影したカラー写真10枚を収録。
    巻末にはオマケとして、実際の旅行先で掛かった費用などをひっそりまとめています。

    ===============================================

    <収録作品>

    町の話Ⅰ
      ・古都メクネス、あなたを信じます
      ・ラララシャウエン、ブルーブルー
      ・ハシラビード砂漠の畔

    砂漠の話
      ・無音にとどろく人間の声

    町の話Ⅱ
      ・ワルザザートと境を越えて
      ・マラケシュが呼ぶ雨の音
      ・カサブランカに会えない

    静寂の話
      (サハラ砂漠にて)

    巻末付記 旅支度のために

    ===============================================

    ※無料立ち読みはこちらから
    ※すべての作品は書きおろしです
    ※旅先の写真、音声、ビデオは以下のTumblrにて。
    http://feelingskyblue.tumblr.com/

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

紙飛行機に眠る月 新装版竜の花嫁 新装版永遠の不在をめぐる旅人よ立ち止まれ 新装版青と茜と砂漠の国

「気になる!」集計データをもとに表示しています。