こちらのアイテムは2018/5/6(日)開催・第二十六回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十六回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

マインツのヴィルヘルム

  • イ-23 (小説|歴史・古典)→配置図(eventmesh)
  • まいんつのヴぃるへるむ
  • 並木 陽
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 62ページ
  • 400円
  • 2018/05/06(日)発行
  • 神聖ローマ帝国の黎明と黄昏を描く二編


    表題作「マインツのヴィルへルム」
    10世紀ドイツ。東フランク王国の国王オットー一世とスラヴの娘の間に生まれた庶子ヴィルヘルムは、父の命により聖職者となるべく育てられる。しかし彼の心には常に、幼少期に別れた母から聞かされた東方の神々の物語があった。
    (史文庫様より2015年5月に発行された歴史小説アンソロジー『世界史C』にご掲載いただいたものの再録です。)

    「アウグステの結婚」
    19世紀ドイツ。ナポレオンの侵攻に震えるバイエルン選帝侯国。公女アウグステは戦火を逃れてさすらう日々の中でも、運命を憎むことなく明るく生きる。ある日彼女のもとに舞い込んできた縁談は、一国の命運を左右するものだった 。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

マインツのヴィルヘルム【無料配布】イル・カルネヴァーレ・ディ・ヴェネツィア【委託】<渡り>の城柵【委託】しろたえの島、いつくしの嶺一・二巻セット【委託】しろたえの島、いつくしの嶺 三・四巻【委託】しろたえの島、いつくしの嶺 五・六(完結)巻斜陽の国のルスダンノーサンブリア物語 上ノーサンブリア物語 下青い幻燈冬至の歌声、夏至の踊り

「気になる!」集計データをもとに表示しています。