こちらのアイテムは2017/5/7(日)開催・第二十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

創作文芸アンソロジー「ぐるぐる回ってバターになる」

  • A-14 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • ぐるぐるまわってばたーになる
  • 珠宮フジ子(主催)
  • 書籍|A5
  • 104ページ
  • 500円
  • 2017/01/17(火)発行

  • (委託販売です)

    ある絵本の一節から連想された「ぐるぐる回ってバターになる」という一文をテーマにした創作文芸アンソロジーです。
    それぞれのバターの味をお楽しみください。 
    ◎著者/作品タイトル
    八束/ダイニング
    泉由良/ヘディ・ラバーズ
    相沢ナナコ/元従業員によるパンケーキ店の秘密の暴露、虎とバターの行方について
    山縣映/『ぐるぐる回ってバターになる』
    真空中/ミルクと悪魔と子守唄
    珠宮フジ子/ドリーになれない
    樹真一/病気のバターが世界を廻る
    (掲載順・敬称略) 

    ◎webページ【 http://wisriv.hacca.jp/butter/butter.html 】にてサンプル公開中です。

     

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

火は綺麗文藝誌オートカクテル2015-耽美-soyogui, その関連ウソツキムスメゆりとゆら vol.1-ver.2宇宙に恋して空は青くなかった水晶山秋子さん青い絵を透く日差しと添う線花むすめものがたりパネルラ子供の晩年文藝誌オートカクテル2016-手紙-aneimo第四永久死体短歌リボンゆりとゆらvol.2創作文芸アンソロジー「ぐるぐる回ってバターになる」点

「気になる!」集計データをもとに表示しています。