こちらのアイテムは2017/5/7(日)開催・第二十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ぼくの内部をじかになぞって。

  • C-28 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • ぼくのないぶをじかになぞって
  • MAN IS IBUKI
  • 書籍|新書判
  • 240ページ
  • 0円
  • 2017/05/07(日)発行
  • ――なんとかしたい。なんとかしたいのに、すべきことが何もない。してはならないことさえいまはもう、解らなくなってしまった。何が正しくて、何がわるいのか。結果を知ることでしか確かめる術はなく、しかしその結果を知ることが恐ろしい――

     富義は部下と肉体関係を持つ。男との不倫である。富義はしだいに彼との関係にはまっていく。家庭と部下とを天秤にかけながらどっちつかずの日々を送る。
     後輩から、会社の不正を臭わせる相談を受ける。富義の勤める会社では、人工知能のアップデートを専門に扱っていた。巷では新型の危険ドラッグが流行っており、人工知能の社会進出の弊害だと言われている。
     ある日、息子が歩道橋のうえから落とされ、怪我を負うという事件が起こる。犯人は捕まらず、徐々に不穏な気配が富義の周囲に漂いはじめる……。

    ==内側から侵される快感(エクスタシィ)を知れ==

    【男同士とかってないわぁ。そう思っていた時期がわたしにもありました】

    しょうじき言うと、いぶき、男同士のイチャイチャは、なんか、こう、言っちゃならんのだろうけれども、どことなーくきちゃない感じがするわけですよ。せめてすね毛とか剃ってほしくない? 毛むくじゃらのイチャコラとか、ヤじゃない? いやほんと、単なる偏見だし、差別だし、口にすべきことじゃないし、するまでもないことだけど、でもなんか受けつけないのよさ。美小女同士のイチャコラならご飯食べながらでもまあ見られるんだろうけれども、肥満体系のムジャムジャが絡みあってる動画とか、見れる? いぶきはムリ。見たくない。でもだからって、それそのものを否定する根拠にはならないし、万が一に否定する根拠が、たとえば男同士じゃ赤ちゃんつくれないから人類の存亡にかかわる、とかなんとか我田引水な理屈をでっちあげたとして、でも、欠点があるならそれを埋めようとする方向にこそ努力をそそぐべきだとは思わない? なにごとも排除するほうへ動くのはかんたんだし、早急な対処を要とするときは有効な打開策にはなるのだけれども、それってやっぱり臭いものには蓋を、の精神で、問題の先送りにすぎないし、最終的な解決策にはなり得ないとは思わない? 赤ちゃん産めない人間は愛しあっちゃいかんのかいな。男衆だけの問題じゃないよ。そういう病気の女のコや、閉経を迎えたオナゴは恋愛することもできんのかい。んなことはあるめーよ。愛しあえるなら愛しあえばよくない? 愛しあおうにも愛しあえない哀しき業を背負った人間の溢れるこの世の中で、愛しあえる存在と出会えるなんて奇跡じゃないの。うらやましいよ。いぶきは素直にうらやましい。なんでいぶきの想い人はみんな、物理的肉体を持たないの。どうしていぶきの愛に応えてくれないの。だって生きていないんだもの。紙芝居だもの。単なる他人の妄想だもの。しってるよそんなこと。でも愛しちゃったんだ。この世に存在しない、けれどもたしかにそのぬくもりの片鱗を感じられる存在を。死んだあのひとを忘れられない未亡人もこんな感じなのかなーなんて思いを馳せながら、他方で、きょうはこのコ、あしたはこのコ、いやいやこのコも捨てがたい、なんて移ろいやすい己が心のしゃぼんだまじみたふわふわ加減にかるくうんざりしつつも、ある意味これも信仰だよね、信仰の自由はわれわれの権利、誰にも冒させはしないのだ、なんて意味もなくつよがってみせたりもするきょうこのごろ、みなさまご機嫌いかが? うるわしゅう? 加齢臭ってどんな匂いなのかはよくわからんのだけれど、なんかさいきん、まくらからおじぃちゃんの匂いがしてくるのだけれども、湯シャンってホントに効果あんの? シャンプーしたほうがよくね? まあ、そういうちっちゃいことからおっきなことまで、信仰ってのはあるわけで、嘘か真か、なかなかどうして見極めづらい世の中でありまして、或いは、嘘や真という価値観そのものがすでに、なにかしらの宗教観の、なんらかの信仰の結びつきではなかろうか、なんて疑いたくもなるきょうこのごろ、誰もがなにかを信じていて、その効果を期待し、その存在に胸をトキメかせ、そしてごきげんいかがで、うるわしゅう、この世界のうんざり加減を水で薄めるみたいに耐えているのかなって、思わなくもない。男同士のイチャコラがきたならしい? なら親のイチャコラはうつくしいのかいなって話でありまして、まあ、基本、他人のイチャコラなんてきたならしく感じてあたりまえなのかもわからんね。美少女ならいいってそりゃ、はなから美しいんだもの、うつくしくて当然っていうか、うつくしくあってほしいという幻想をはなからあなた、抱いてない? 抱いてないならいいんだけれども、抱いていてもいいのだけれども、まあ、だいじなのは、なにごともうつくしさばかりを求めてはいけないよ、っつー自制心だと思ういっぽうで、そのうつくしさの枠組みをいかに、ひろげ、磨き、真のうつくしさを求めていくかっつーことにかかっているとも思うわけなのだけれども、しょくんはそこんところ、どう思う?

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

万妖衆〜血編〜局部怪奇譚〜〜人造乙女は心臓を止め〜暗黒舞踏団〜〜踊り屋たちの囮か愛〜〜網膜の住人〜〜仮想世界に魔法をねがい〜〜外骨格の目〜〜伝統小芥子は電灯を消し〜〜私は性器が好きなだけ〜〜人工名器に凛と銘じ〜〜異世界の蛇口〜〜神殺し魔起き〜〜改悪∞異類婚姻譚改悪∞今昔物語改悪∞日本昔話群れなさぬ蟻群れなさぬ蟻〜〜前日譚〜〜ぼくの内部をじかになぞって。

「気になる!」集計データをもとに表示しています。