こちらのアイテムは2017/5/7(日)開催・第二十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

青い絵を透く日差しと添う線

  • A-14 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • あおいえをすくひざしとそうせん
  • aoiehizashi
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 300円
  • 2011/06/03(金)発行


  • 「生まれてくる子どもたちは、
     ギフトを持っているの」
    「5000日たったら開けるんだよ」
    「5000日たったら開けるんだよ」
    私は小さな手の中に、小さな箱を握っていました。

    (「ギフト」より)



    ある日、まものはふと思いつきます。
    「この世で一番おいしい夢を食べたいな」
    (「まものと森の池」より)



    ふたつの寓話的掌編と、匿名的才のある詩集で編まれた、
    青い空が添う一冊です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

火は綺麗文藝誌オートカクテル2015-耽美-soyogui, その関連ウソツキムスメゆりとゆら vol.1-ver.2宇宙に恋して空は青くなかった水晶山秋子さん青い絵を透く日差しと添う線花むすめものがたりパネルラ子供の晩年文藝誌オートカクテル2016-手紙-aneimo第四永久死体短歌リボンゆりとゆらvol.2創作文芸アンソロジー「ぐるぐる回ってバターになる」点

「気になる!」集計データをもとに表示しています。