こちらのアイテムは2016/11/23(水)開催・第二十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

晩年のままごと

  • Eホール(1F) | B-52 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • ばんねんのままごと
  • オカワダアキナ
  • 書籍|新書判
  • 132ページ
  • 500円
  • https://okwdznr.booth.pm/item…
  • 2016/7/18(月)発行
  • 「ほんとうの愛とか情熱とかを傾けられるものがあったら、こうはなっていなかった。どうしてこうなった? きっと、心臓が右で、まちがったデザインで生まれてきてしまったからだ」

    生方里奈、旧姓片瀬里奈、結婚してもしなくてもあだ名はカタリナ。聖カタリナはキリストと婚約し殉教した女の名で、この大層なあだ名はこれまた祈りの名を持つ親友・三角霧枝━━キリエから与えられたものだった。 キリエに本当の恋をすることができたら、どんなによかったろう。抱き合ってなお、身体は遠い。

    ツタヤならコメディ棚に置かれるであろう30女のだめな日々です。自分以外みんなバカに見える、こっそりそんな思いを抱えてしまうひとに。

    ーーーーーーーー

    〈あらすじ〉

    東京都23区に白鳥が襲来した夏。心臓を右側にもつ主婦・生方里奈(あだ名はカタリナ)は子どもも仕事もなく、30歳にしてまるで老後のような日々。留守がちで浮気者の夫をやりすごし自分もまた弟と関係していた。ある晩、ライブハウスで再会した旧友キリエと、ままごと的に暮らすことになる。彼女に向ける感情がほんとうの恋であったらよかった。そこへ白いおとこが加わり〝晩年〟は奇妙な方向へ転がっていく。もの言わぬ同居人、身長180cmの骨格模型━━。

    ーーーーーーーー

    試し読みはこちらです(冒頭、途中):

    http://necotoco.com/nyanc/amabun/guide/bookview.php?bookid=191

    http://privatter.net/p/1835429

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

晩年のままごとぎょくおん水ギョーザとの交接すよすよおまた七本脚の蜘蛛

「気になる!」集計データをもとに表示しています。