こちらのアイテムは2016/11/23(水)開催・第二十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

匣ノ街

  • D-07 (小説|SF)→配置図(eventmesh)
  • はこのまち
  • 咲祈
  • 書籍|A5
  • 68ページ
  • 400円
  • 2013/10/13(日)発行

  • たとえ、あなたがいなくても、私の心臓は動きつづけます。
    でも、あなたがいなければ、私の心は、二度と動かない。


    老朽化した地下都市で、
    人間兵器《ジキル》として、旧時代の負の遺産《ハイド》と闘う、
    青年と少女の物語。
    心の在り処を探す退廃的SF小説です。

    【試し読み】
    http://frosty.holy.jp/zero/works/003hako.html

    【あらすじ】
    建設されてから、どれくらいの年月が経ったのか。
    もう誰も知らない、老朽化した地下都市があった。
    人々は、階級ごとに定められた階層で暮らしている。
    その最下級の居住区で、始末屋として生きるひとりの少女がいた。
    ある日、少女のもとへ、地下都市を統括する《公社》を追われた研究員の男を
    指定場所まで送り届けろという依頼が舞い込んでくる。
    淡々と仕事をこなす少女だったが、途中、少女は見たことのない
    『機械の化け物』に襲われ、瀕死の重傷を負う。
    そこへ現れたのは、不気味な防護服に身を包んだ人間たち。
    その中で、ひとりだけ、防護服をまとわない青年がいた。
    青年は静かに尋ねる。「お前は、俺が、お前を生かすことを許すか」――

    老朽化した地下都市を舞台に
    人間兵器として闘う青年と少女の物語

    心の在り処を探す退廃的SF小説です

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

匣ノ街羽人物語パペット・チルドレン空人ノ國ファントム・パラノイア

こちらのブースもいかがですか? (β)

柳屋文芸堂  白昼社  羊網膜傾式会社  Little Curly  コトカゼ  籬の花  開花宣言  白玉  浮草堂  ヨモツヘグイニナ  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。