こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ニーバー、アイヘイトユウ。

  • ア-09 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • にーばーあいへいとゆう
  • 栗山真太朗・山本清風
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 500円
  • 2013/11/04(月)発行

  • ――午後六時のこの時間は、
    水の中にいる彼女をみつけだすには遠すぎるし暗すぎた。――


    なぜ「彼」は酒を飲み続けるのか?
    なぜ秋山クレハは川町に行かなければならなかったのか?
    なぜ高井探偵事務所の収支はいつも赤字なのか?

    そして、なぜ小説家ふたりは東京タワーで殴りあわなければならなかったのか?

    東京都江戸川区川町。
    二つの河川に囲まれたその土地を異変が襲う。
    合作なのにナンバリング。
    現在進行形で川町住民・栗山真太朗とかつて川町に住んでいた男・山本清風。
    文学的殴り合いの顛末を見届けよ!

    (文庫版 / 137頁 / 500円)

    作品詳細・感想
    http://gold-dust-digging.blogspot.jp/2014/04/blog-post_16.html

    pixiv試読
    http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6052267



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

花泥棒と秘密の猿たちニーバー、アイヘイトユウ。川町奇譚人魚との肖像カワマチシッソウANOTHER WORKS(+1)黒猫抄私はあなたに触れたいという欲求が私はあなたに触れられないという禁則から逆説的に生まれていることを知ったとき、私はあなたに生かされていると感じる。 【イカサレ】夜の信号が何処までも青なら。