こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

零 江古田文人会 第三十号

  • ア-01 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • ぜろ えこだぶんじんかい だいさんじゅうごう
  • 横山翔/傘と紙魚/山本貫太/川島佑太/川田修平
  • 書籍|A5
  • 122ページ
  • 300円
  • 2016/05/01(日)発行
  • 江古田文人会とは?

    江古田文人会。通称えこぶん。日本大学芸術学部文芸学科に所属する文芸サークルで、主に日芸の新入生歓迎行事や芸術祭で会員の書き下ろし小説を載せた同人誌を販売しています。日芸の文芸サークルとしてはかなり古くから存在し、作家であり、文芸学科の専任教授である佐藤洋二郎先生を顧問として、長きにわたる伝統を築いてきました。

    そして2016年、江古田文人会は新たな一歩を踏み出しました。ツイッターとホームページの開設、文学フリマへの初参加、さらには、電子書籍の導入――。

    細く、長く、しかし着実に進化する江古田文人会をこれからもどうかよろしくお願いします。

    江古田文人会2016年春号『零 江古田文人会 第三十号』

    掲載小説

    • 自殺癖 /横山翔
    • 林檎 /傘と紙魚(本人の希望によりペンネーム採用)
    • 蜘蛛の糸 /山本貫太
    • 友希 /川島佑太
    • わたしたちの結婚生活 /川田修平


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

零 江古田文人会 第三十号

「気になる!」集計データをもとに表示しています。