こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

竜の花嫁

  • カ-35 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • りゅうのはなよめ
  • 風野湊
  • 書籍|新書判
  • 178ページ
  • 500円
  • 2014/11/24(月)発行
  • 【どうしても死にたくない。】

    【長編小説/新書版オンデマンド/フルカラー表紙/178P】


    守り神たる竜の在る世界。
    最後に捧げられたのは、村でもっとも嫌われた娘。野火のように激しく、荒々しく、彼女は村を憎んだ。

    ▼感想ツイートまとめ
    https://twitter.com/i/moments/800199237602414592

    ※残部僅少です。お取り置きご希望の方はTwitterでお声がけください。

    ====================================

    風景幻想特化のハイファンタジー小説です。
    起承転結よりも、世界の在り様やひとびとの仕草、日常の手仕事を愛する方に、楽しんでいただけるように思います。
    ファンタジーと銘打っているものの、明確な魔法は登場いたしません。

    【本編目次】 ※無料立ち読みはこちらから

    名もなき竜の宮Ⅰ

    竜の花嫁
     一章 嫁入りの日
     二章 金の瞳、遠雷の声
     三章 雨と眠りに安らぐもの
     四章 かつて殺されたすべての私たちへ
     五章 野火迫る
     六章 竜の花嫁

    名もなき竜の宮Ⅱ

    ====================================

    なぜ、自分が殺されねばならないのか。
    問うた娘に竜は答えた。

    「いいや私はもう人間を喰わない。おまえは村に帰っていいのだ」

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

紙飛行機に眠る月 新装版旅人よ立ち止まれ竜の花嫁青と茜と砂漠の国永遠の不在をめぐる

「気になる!」集計データをもとに表示しています。