こちらのアイテムは2015/11/23(月)開催・第二十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

遠くで猫は苛々している

  • D-10 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • とおくでねこはいらいらしている
  • 日野裕太郎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 400円
  • 2013/10/20(日)発行
  • 帰宅した女子高生さえは
    母の不義を目撃してしまう
    衝動的に家に背を向け
    深夜バスで見知らぬ土地へ
    見知らぬ道、見知らぬ土地
    見知らぬひとびととすれ違う
    道はどこまでも続く

    目を背けていたものと向き合うか
    さえは決断のときを迎える

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

夏煉喧噪曲遠くで猫は苛々しているスイング・スイング淀んだ川で待っているうそつき、祈祷師になる凛逢妖譚 〜夜明けの晩の、あやかし語り歩きながら彼女たちはハレのちことね水にひかれて

「気になる!」集計データをもとに表示しています。