こちらのアイテムは2015/11/23(月)開催・第二十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

2015年春号 テーマ「××依存症」

  • Eホール(1F) | D-20 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • にせんじゅうごねんはるごう てーまいぞんしょう
  • 編集者n.n. 作者12名
  • 書籍|A5
  • 140ページ
  • 100円
  • 2015/5/4(月)発行
  • テーマ「××依存症」のアンソロジー。収録作は以下のとおりです (敬称略)。

    長月琴羽「ポジティブ×カウンター」
     常に飴を舐め続けなければ、落ち着かない。
     まだ昼前というのに、今日だけですでに70個くらい
     キャンディーを舐めたキャンディー依存症の患者。
     その後、意外な展開に……。

    貴羽るき「お元気で」
     狂ったように人を想う。
     私の最後の恋人になるあなたに宛てた、私の人生最後の手紙。

    木村縦雄「魔女の生誕祭」
     忌まわしい魔女が死んだという朗報で喜びに沸く国。
     祝祭の開催に向けて盛り上がっている中で、私は町外れの森に向かい、
     一人の少女に出会った。

    五三一〇「傷痕」
     仁美は献血をするのが好きだ。いや、献血をせずにはおれない。
     そんな彼女の前に現れた意外な人物とは。

    鳥居未由「トウキョウタワー」
     首都圏を大地震が襲っていたら。
     もう一つのあったかもしれない世界のトウキョウの物語。

    てるてるぼうず「ぽこたといぞん」
     くりまさんと一緒に暮らして、季節が巡りました。
     幸せな生活だけれど、ぽこたはちょっとご不満。
     だって、くりまさんが構ってくれないから。

    結城梗「Lost memories(世紀末への依存症状の断片)」
     僕らの期待を裏切り、何事もなく終わってしまった世紀末。
     僕らはまだ終わってしまった世紀末に依存している。

    アリコ「待望一週間」
     また朝がやってきた。
     とても憂鬱な月曜日の朝。
     いつもと同じ一週間の始まりだ。

    冬島さやか「死を呼ぶ理由」
     街外れのあばら家で暮らしていた貧しいソフィア。
     けれど、母親のローズが伯爵家で家庭教師の職を得たことで
     ソフィアの人生は変わっていく。
     すべてうまくいきそうだったが……。

     ご本人のサイト「Channel 666」は下記アドレス。
     クトゥルフ神話&ダークファンタジー。
      http://ch666.web.fc2.com/

    しのだ「咀嚼と嚥下」
     良く噛むようにと言われるまでもない。
     噛むのは私にとって至福の行為だから。
     噛みたい。何もかもを。

    柏木むし子「ディス布団ピア」
     変わった世界を股にかけ、シュールで幻想的なアルバイトに
     挑戦するシリーズ。
     今回の世界のアルバイトは掃除。
     もちろん、普通の掃除の話ではありません。

     ご本人のサイト「むしむしプラネット」は下記アドレス。
      http://berry.velvet.jp/ds/

    n.n.「その感覚に依存すること」
     未来のことを考えるより、過去の思い出を振り返る方が楽しい。
     過去依存症の私が語る5人の女性のこと。
     彼女たちはみな、それぞれ特定の感覚に依存していた。

    以上、12名による依存症の物語。

    表示画像を裏表紙(n.n.作)から表表紙(アリコさん作)に変更しました。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

2015年春号 テーマ「××依存症」2013年秋号 テーマ「呪文」2014年秋号テーマ「しっぽ」2014春号テーマ「カウントダウン」2015年秋号 テーマ「大正浪漫」今日もおやつ日和はやく窒息させてくれ忘れえぬ日々悪しき金魚の飼い方UNDEAD LIFE〜とあるポストアポカリプス〜

「気になる!」集計データをもとに表示しています。