こちらのアイテムは2015/5/4(月)開催・第二十回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

さんた・るちやによる十三秒間の福音

  • D-01 (小説|歴史・古典)→配置図(eventmesh)
  • さんたるちやによるじゅうさんびょうかんのふくいん
  • 唐橋史
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 300円
  • 2013/11/04(月)発行
  • 舞台は近世初期の長崎。吹き荒れるキリシタン弾圧の嵐を、刑場の役人たちの視線で描いた表題作『さんた・るちやによる十三秒間の福音』の他、他誌に寄稿した二編を再録した、当サークル初の歴史・伝奇小説短編集。
     
     『平家物語』屈指の名場面「重衡被斬」を題材に、南都の夜を描く『或る罪人の死』(『断片集』初出)、チャップリンの名作映画『モダン・タイムス』を幕末の上野戦争を舞台に翻案した『smile』(『すたんだっぷ!』初出)など、お見逃しの作品をこのたびまるっと収録したお得な一冊です。

    どれも短い作品なので、ご新規さまにぜひオススメです。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

青墓黒南風の八幡〜隻眼の海賊と宣教師の秘宝〜さんた・るちやによる十三秒間の福音切腹事始すごくあたらしい歴史教科書:日本史Cもっとあたらしい歴史教科書:世界史C

「気になる!」集計データをもとに表示しています。