こちらのアイテムは2015/5/4(月)開催・第二十回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

少女地獄第九階層

  • Eホール(1F) | A-07〜08 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • しょうじょじごくだいきゅうかいそう
  • 少女地獄第九階層
  • 書籍|B6
  • 500円
  • 少女地獄第九階層というサークルの出発点である短篇集。
    結成初期の三人のメンバーがそれぞれ『少女』というテーマに、
    全力で取り組んだ結果生まれた三種三様の物語たち。

    この書物は、そう、『少女という残酷』が総ての物語に潜んでいる。


    「時を刻む機械塔」……奈秤大英作

    遠い未来の物語。『技粋天の大庭』と呼ばれる空中大陸のある世界。
    『大庭』のマザーコンピュータ『叡智』の管理を任された人造少女『エタニア』
    彼女はそこで『叡智』の人格『フロント』と邂逅する。
    人ではないこの二者の交流は、どこへと向かって歩み出すのだろうか……。


    「アンリのお気に召すまま」……七谷はるか作

    舞台はとある高等女学校。学生寮『撫子寮』に入寮した中村芳子は、
    同室になる吉田撫子と出逢い、厳しい寮則の元共同生活に踏み入る。
    戦前の女学校を舞台に『アンリのお気に召すまま』なる言葉を鍵にして、
    女性たちの日常に起こったちょっとした大事件が語られて行く。


    「椿四十九落首」

    『存在の不連続性』は『世界の解体』を招き『神の存在』へと回帰する。
    序に記されたこの言葉の通りに、一人の少女が懊悩する物語。
    否、物語というのは適当ではない。これは歌物語だ。
    詞書きと『椿』を入れた短歌によって、一人の少女が死に向かう過程が語られて行く――。


    『今宵、あなたの枕元に。残酷を孕んだ少女が』

                                   ――舞い降りる。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

死へと向かう少女 第一巻ロッキン・パンク・バレリーナ萬燈籠卵子の血税死へと向かう少女 第二巻少女地獄第九階層刺青の秘密風祭新興宗教ヒトデ教ピンク〜宇宙篇〜Ω外道祭文第二号 月経の血

こちらのブースもいかがですか? (β)

くろばら  解放区画    月刊さかな  遊骨文庫  松笠書店  風見鳩  Les Invalides  ANCTAD  白仲会  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。