こちらのアイテムは2022/10/2(日)開催・第七回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

知への恐れ

  • お-07 (評論・研究|現代思想・哲学)→配置図(eventmesh)
  • ちへのおそれ
  • ポール・ボゴシアン
  • 書籍|四六判
  • 256ページ
  • 3,000円
  • 2021/12/24(金)発行
  • 【マルクス・ガブリエルの「新実在論」に大きな影響を与えたアメリカ哲学界の重鎮、ポール・ボゴシアンの名著、ついに日本語で刊行】

    「普遍的な事実など存在しない」「知識は、社会的に構築されたものであり、私たちの科学は特別なものではなく、たくさんある世界を知るための方法の一つにすぎない」

    このようなポストモダンの相対主義・構築主義が影響力を高めている。もしこれが正しいとすれば、私たちは、聖書による創造説や天動説、ネイティブ・アメリカンの神話などを、現代科学と同様に妥当性を持つものとして扱わなければならなくなってしまう。

    しかし、普遍的な事実は存在しないのだろうか? 知識は社会的に構築されたものに過ぎないのか?

    本書では、リチャード・ローティ、ウィトゲンシュタイン、トマス・クーンらの議論を整理し、相対主義・構築主義の論理的な誤謬や矛盾を解きほぐしていく。アメリカ哲学界に論争を巻き起こし、マルクス・ガブリエルが「新実在論」の幕開けとして絶賛した名著。



    ━━推薦━━━━━━━━━━

     事実は社会的に構築されたものにすぎないのか?
     普遍的事実を擁護するための哲学的基礎はここにある。
      ――斎藤幸平(経済思想家/本書訳者)


     もはや誰もこの本の洞察よりも後退することはゆるされないのである。
      ――マルクス・ガブリエル(哲学者/ボン大学教授)


     繊細で独創的でありながら、
     このテーマに興味のある人なら誰でも読めるほど親しみやすい力作だ。
      ――ウォール・ストリート・ジャーナル

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

なぜ基地と貧困は沖縄に集中するのか?POSSE vol.51貧困理論入門ポストヒューマン・スタディーズへの招待鳥は飛ぶのが楽しいか中動態の映像学知への恐れジェネレーション・レフト暗い世界なぜオフィスでラブなのか資本主義リアリズム戦う姫、働く少女

「気になる!」集計データをもとに表示しています。