こちらのアイテムは2022/10/2(日)開催・第七回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 1

  • お-03 (ノンフィクション|その他)→配置図(eventmesh)
  • ぱりのがいどぶっくでとうきょうのまちをかっぽする 1
  • 友田とん
  • 書籍|新書判
  • 47ページ
  • 700円
  • 2019/04/25(木)発行
  • フレンチトーストを求めて、喫茶スペースのある本屋に通ったり、神保町にあるカレー屋を探したり…。東京のガイドブックには頼らず、パリのガイドブックを読んで、東京を歩いた日々を綴る。
    自費出版した『 『百年の孤独』を代わりに読む』が話題の友田とん。最新作は「パリ」のガイドブックで「東京」を歩く試み。第1号では荻窪・Title と神保町・エチオピアに向かいます。
    正しい言葉なら、これほど長く考えつづけることはなかっただろう。 「パリのガイドブックで東京の町を闊歩する」 突然、啓示のように降ってきた言葉を口ずさむ「私」はそんなことが果たしてできるのだろうかと考えながら、住みなれたはずの東京の町を歩きはじめる。表参道へ、荻窪へ、そして神保町へ。パリのガイドブックを手にした「私」はどこにたどり着くのか。第1号は2018年の夏、炎天下の東京を歩いた記録です。【商品解説】

    目次

    第一章 まだ歩きださない 第二章 フレンチトーストを求めて 第三章 ポストフレンチトーストを歩く

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

代わりに読む人0 創刊準備号アドルムコ会全史うろん紀行読めないガイドブック パリのガイドブックで東京の町を闊歩する2パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 1『百年の孤独』を代わりに読む

「気になる!」集計データをもとに表示しています。