こちらのアイテムは2021/10/3(日)開催・第六回文学フリマ札幌にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ札幌公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

岡田さんと煙草のこと

  • き-06 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • おかださんとたばこのこと
  • 貝塚円花
  • 書籍|その他
  • 74ページ
  • 800円
  • 2019年の北海道新聞文学賞で佳作となった「岡田さんと煙草のこと」を表題作に、ちょっと変わった家族の話を3つ収めました。表紙・本文デザインは餅井アンナさんです。

     コミックスサイズ/74P/800円(約55000字)
     試し読みはこちらから→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=14098542

     各話あらすじ 「岡田さんと煙草のこと」 ここ数日、小学生のありさは母の元彼・岡田さんと暮らしている。母が婚約者と海外旅行に出かけたからだ。ありさは岡田さんになついているが、母はよりを戻す気はないらしい。決して親子にはなれない二人を描いた一編です。(18000字)

     「家族旅行」 存在しないはずの「兄」に導かれ、「私」は東京へ向かう。道中、「兄」は「父」「弟」「恋人」「私」へと自在に変化しながら、やはり中華街を目指そうと言い出す。けれど行けるはずがない。なぜなら「私」は中華街へ行ったことがないのだから。(10000字)

     「日没のあとで」 高圧的だった父が病気になって以来「女は体を売れば生きていけるから」が口癖だった母が死んだ。残された姉妹は母の言葉通りに売春を繰り返していたが、喪主を務めきった父の姿を見て、父にもやらせることができるのでは、と気づく。(27000字)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

岡田さんと煙草のこと

「気になる!」集計データをもとに表示しています。