こちらのアイテムは2014/9/14(日)開催・第二回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

世の果てにほの白き

  • H-11 (評論|ファンタジー・幻想文学・怪奇文学)
  • よのはてにほのじろき
  • 北西 彩
  • 書籍|A5
  • 400円
  • 2003/08/16(土)発行
  • 世界の果てにあるという山。そこには人ならぬ白き楽人がいて、光の王国の宝物が眠る門の扉の番人をしている。亡くなった恋人を蘇らせるため、オルディアの都の踊り子は、楽人の下を訪れる。光の長ディアン・ラーと、人の子の乙女の物語。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

夢燭人時殲者喪神伝説評議会兇将軍古王国錬魄術劫迷宮〓惑子(〓は火火を頂いたワ冠の下に火)the20thお肉を食べようおやつは焼き鳥草原の彼方のシャングリ・ラタニス・リーとゴーメンガースト〜英アダルト・ファンタジー二大巨匠、今年の邦訳新刊を読んでみた!世の果てにほの白き

「気になる!」集計データをもとに表示しています。