こちらのアイテムは2022/9/25(日)開催・第十回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第十回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

神は全てをお見通しである

  • L-11 (小説|SF)→配置図(eventmesh)
  • かみはすべてをおみとおしである
  • ピーター・ワッツ
  • 書籍|新書判
  • 136ページ
  • 1,100円
  • 2014/04/12(土)発行
  • ハルコンSFシリーズ 第5回配本は、ピーター・ワッツ氏の未翻訳短編集「神は全てをお見通しである」です。

    自由意思は何処まで自由なのか何処まで踏み込めるものなのか認識のあり方を考えさせる『神は全てをお見通しである』。 意思疎通さえ不可能なものを理解していけるのか? 『光差す雲』。 海洋生物学者としての知識を生かしたデビュー作『適者生存』は深海での人類の生き様を描き、オーロラ賞を受賞。後にRifters三部作ともなる初長編『Starfish』に取り込まれた。

    著者:ピーター・ワッツ
    表紙・本文イラスト:海野 螢
    解説:貝光 脩

    訳者:はるこん実行委員会翻訳班


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

デッド・ゲスト・オブ・オナーのスピーチ剥奪する生金星は花に満ちて静寂の国境天球の音楽彼の歌の示す処テュケーと蟻神は全てをお見通しである我は四肢の和を超えて武道館にて。見上げてごらん。雪玉に地獄で勝算はあるか?夏色の想像力はるこん2023

「気になる!」集計データをもとに表示しています。