こちらのアイテムは2022/9/25(日)開催・第十回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第十回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

オジと黒い猫は死んだ

  • A-03 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • おじとくろいねこはしんだ
  • 横地 広野歩
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 208ページ
  • 1,500円
  • 2022/09/20(火)発行

  • 短編集『オジと黒い猫は死んだ』

     作者は東海地方に生まれ美術大学進学を機に上京、卒業後はベルギーで留学生活を経て帰国したのち東京で就職した。収録作は2013年頃から2019年に書かれた4編。それぞれ実生活を題材にしながら、私小説の枠を所々踏み外し、現在と過去を重ねる過程でときに迷走し、随筆タッチであったり物語調に俯瞰したりと色々に趣きを変える。移り住んだ土地の情景も少なからず各編に異なる匂いを添え、肉親から遠くアフリカ出身者まで多様な登場人物も各々にクセを主張している。また各編はじめのページには、仕上げた当時の日記が挿入され、別の読み物として箸休め的な試みも織り込まれた装丁。

    いちばん短い1編を、Twitterにてお読みいただけます(約3,800字・全編掲載中!)
    https://twitter.com/oggie_hinge/status/1565988409037926401?s=20&t=V4isoJk-UJYKVs3q9GPX5whttp://

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

オジと黒い猫は死んだ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。