こちらのアイテムは2022/9/25(日)開催・第十回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第十回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

鳥は飛ぶのが楽しいか

  • H-23〜24 (評論・研究|現代思想・哲学)→配置図(eventmesh)
  • とりはとぶのがたのしいか
  • チャン・ガンミョン
  • 書籍|四六判
  • 368ページ
  • 1,800円
  • 2022/03/21(月)発行
  • ソウルのセヨン高校で給食費の横領事件が発覚。
    動揺する学生たち、加熱するマスコミ、事態を抑え込もうとする教師たち、迫る大学入試……。
    追及の先頭に立つ級友とともにビラまきをおこなった3年生のジェムンは、学校に対する怒りと、大学入試に影響が出ることを心配する母親との間で揺れていた。
    不正義に直面したとき、私たちは立ち向かうことができるのだろうか?

    大人の不正義をめぐって若者たちのさまざまな思いが交錯する表題作をはじめ、職場、就職活動、フランチャイズ店舗、ストライキ現場などで“希望”を求めて闘う人々が交差する10編の連作小説。
    元新聞記者として現代韓国社会のリアルを鋭く見つめてきた気鋭の作家が贈る、闘いと希望の書。

    ――――
    ここに登場する“働く人”は、私であり、あなただ。
    私たちはこうやって行き過ぎた競争に極限まで追い詰められてきたと、何度も頷いた。
    最低賃金で働き、家賃の安いアパートを借りるにも障壁があり、住んで、食べて、働く、という生きる基本が侵され続けている。
    「でも、それ、間違ってる」
    読みながら、そう確信させられた。その確信は抗い、変えようとする大切な第一歩だ。
    あきらめるな、働く私たち!
    ――和田靜香さん 激推し

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

なぜ基地と貧困は沖縄に集中するのか?POSSE vol.51貧困理論入門ポストヒューマン・スタディーズへの招待鳥は飛ぶのが楽しいかジェネレーション・レフト暗い世界大洪水の前になぜオフィスでラブなのか資本主義リアリズム戦う姫、働く少女

「気になる!」集計データをもとに表示しています。