こちらのアイテムは2021/9/26(日)開催・第九回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第九回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

thunderbolt

  • A-04 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • さんだーぼると
  • にゃんしー
  • 書籍|B6
  • 486ページ
  • 2,000円
  • 2019/11/24(日)発行
  • 伝染病蔓延防止の点を鑑みて、今回の文学フリマ大阪でのすべての商品はwebショップで扱います。

    https://f27.base.ec/

    文フリ大阪欠席割引クーポンを使うとお買い得になりますので、是非この機会にご購入くださいませ。

    クーポンコード JK45GQ3R

    割引10% OFF

    有効期間 2021/09/25 00:00 〜 2021/10/16 23:59

    ===========

    虹村市の女子高生・虹村雷には、ふたりお父さんがいる。

    同性愛者が多く暮らすその町では、
    おかしいことではない、と、学校で習った。
    おかしいと感じてはいけない、と、みんなが言った。

    だから虹村雷には、「ふたりのお父さん」との接し方が分からない。

    「ふたりのお父さん」に与えられた野球は、
    歯向かうための手段だったのかもしれない。
    「ふたりのお父さん」に対してであり、
    同性愛がまともなこの世界に対してであり、
    それをまともではないと感じる、自分に対してであった。

    雷のように、すごく高いところから飛び降りたいとずっと思っていた。
    雷に打たれると、性別が変わることがあるという。
    「ふたりのお父さん」を雷で打って、まともにしたかった。

    弟は言った。
    「『ふたりのお父さん』が異性愛者になったら、姉ちゃんは襲われるよ」
    「僕が『ふたりのお父さん』に何もされていないとでも思ってた?」

    同性愛者を異性愛者に変える薬をもらった。
    でもそれを誰にどうやって使えばいいのか分からない。
    世界をさかさまにする、意味を見出せない。
    それは、その薬を飲むと、野球ができなくなるからなのか。
    それとも、自分が惨めだったからなのか。

    弟は言った。
    「姉ちゃんは生理のとき、世界中を嫌うような匂いを漂わせてる」

    日本シリーズ第七戦は、国民投票と同じ日だった。
    過半数の賛成を得て改憲が決まれば、この国でも同性婚が認められることになる。
    虹村雷は、投票に行くことはなく、日本シリーズのマウンドへ上がる。
    あたかもその登板こそが、投票であるかのように。
    「サンダーボルト」という、自分を定義する最強の変化球を携えて。

    LGBTや全てのマイノリティを問うのではなく、答えるのではなく、語るのでもなく、
    ただそこに生きた人々の群像を描く野球純文学。

    弟は言った。
    「僕は姉ちゃんを愛している」

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

キャンディと王様第1巻キャンディと王様第2巻キャンディと王様第3巻いつかの水晶山GIRLOVERthunderboltスターバックスアンソロジー「さめない」

「気になる!」集計データをもとに表示しています。