こちらのアイテムは2021/9/26(日)開催・第九回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第九回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

6

  • A-05 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • ろく
  • 大坪命樹
  • 書籍|B6
  • 80ページ
  • 400円
  • 2018/08/01(水)発行
  • 中津川は、自ら起こした交通事故で家族を失い、罪責感と喪失感に苛まれて、ある寺院に住職の話を聞きに行く。住職は、そこで座禅中に見た「6」にまつわる幻像の話をする。そのなかで、「6」は「6」みずからの体験した半生を話し出すのだが……。  26歳の時に初めて脱稿して、コスモス文学に掲載された作品を手直しして、当時一般公募も可能だった織田作之助賞に出したところ、第一次選考を通った作品です。しかし、納得がいかなかったので、それを更に手直しして、エピローグを付けて、「鞭と人参」という作品と併せて製本して、第19回文学フリマ東京に売りに行きました。初めての文フリだったので、一冊しか売れませんでしたが、その「6」だけを取り出して、単行出版したのは、著者の思い入れの深い作品だからです。  表紙も、お金を掛けてデザインして貰い、解説も、さるアマチュア作家の方にお願いして、一新した本として再発行しました。ぜひ、一度御覧になって頂きたい一冊です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

空華第一三号空華第一二号空華第一一号空華第一〇号空華第九号空華第八号空華第七号孤独な恋人癲狂恋歌アマプレベスベートーヴェン交響曲「幻影」はっちゃんがゆくクラリネット五重奏曲ガラスの子供たち舞台裏のルーレット鞭と人参6仏化の劫火飛梅ハードカバー「秋の乙女たち」

「気になる!」集計データをもとに表示しています。