こちらのアイテムは2020/9/6(日)開催・第八回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第八回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

きれいで汚い箱の底

  • E-27 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • きれいできたないはこのそこ
  • 日野裕太郎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 88ページ
  • 500円
  • 2018/05/05(土)発行
  • 怪異短編集。

    一抱えほどの、木でできた箱

    二十人の友達が消えていったその箱を
    チョー・チョーはずっとそばで
    見守っている

    気がつくと視界のはしに現れているその箱から
    少年ふたりは逃げ惑っている

    火にも燃えず
    忌まわしい文字を内に抱えた箱は
    すぐ近くにたたずむばかり
    大切なものを守りたいひとびとを
    箱は迷いなく飲みこんでいく――

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

又々少年、古書の海で腹を括る骨網さんはいつも忙しいくくるちさまのねだるもの忌まわしきを欲せよ 異端信徒蛇道顛末書きれいで汚い箱の底獅子の影は夜にわらう清く正しく忌まわしく、ゆけどもどれぬゾンビライフ魚のカオルと大明神金烏の褥に沈む花

「気になる!」集計データをもとに表示しています。