こちらのアイテムは2019/9/8(日)開催・第七回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

人魚とオピネル

  • A-13 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • にんぎょとおぴねる
  • オカワダアキナ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 118ページ
  • 500円
  • 2017/08/27(日)発行

  • 学校に行かない女の子が出会った、でかい男と初老の人魚のこと。
    恋が死んでも友だちに嫌われても隣人同士で手をとりあうよみたいなお話です。
    ーーーーーーーーーーー
    [あらすじ]
    東京都大田区平和島、運河にはうみへびが泳ぐ。こともある。
    中学生の百子は母と姉と団地住まい、学校は休みがち。膝カックンによりクラスメイトに怪我をさせ、偶然の加害者になってしまったからだ。
    近所の火事騒ぎをきっかけに、隣の部屋に越してきた大きな男・山田倫太郎(略してリンダ)と仲良くなる。
    リンダは人魚を飼っていると言う。百子はまだ見ぬ人魚のことがなんだか羨ましい。
    七月の蒸し暑さを逃れるように水風呂に浸かり、ある日小さな折りたたみナイフ"オピネル"を拾った……。

    ーーーーーーーーーーー
    試し読みはこちらです
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054883822018

    第34回太宰治賞二次選考通過作品です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【new】蝸牛関係【new】FLAT【残部少】煙の女踊る阿呆人魚とオピネル水ギョーザとの交接すさんだ暮らしBL合同誌 土足で愛せ【new】ナンバガ(略【委託】PortRay

「気になる!」集計データをもとに表示しています。