こちらのアイテムは2019/9/8(日)開催・第七回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

カムvol.17

  • C-45 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • かむ
  • 中山文子・山本一男・宮城芳典・田中一葉・後藤高志
  • 書籍|A5
  • 128ページ
  • 300円
  • 2019/06/01(土)発行
  • 短編小説5作品を収録。青春、恋愛、不条理、不思議・・・バラエティ豊かに詰まっています!

    「カケコミヒメ」 中山文子

    私は今からここで、男の子とセックスしないといけないんやなぁという実感が湧いてくる――合コンで出会った初対面の相手の家にもぐりこみ、何としてでもセックスしなければ!と画策するナナカ・二十歳目前。切羽詰まったその理由とは?若さが炸裂する青春恋愛小説。


    「君の好きな雲」 山本一男

    それは、クリーニング店の年上の女性から渡された「よかったら、ご飯行きましょ」という一枚のメモから始まった。彼女には夫がいて、娘がいて、そして隠しておきたい過去があって・・・古都・奈良をめぐりながら深まっていく二人の恋が行き着く先は。


    「ツバメ石」 宮城芳典

    営業職として働く主人公がノルマに追われる中で思い出したのは、亡き祖父の言葉。「ツバメ石は見つかったのか?お守りになるから、巣があったら底を探してみろ」――深夜の駅でツバメの巣をあさり、小さな石を手に入れた。最初はただのお守りのつもりだった。ところが思わぬ出会いがあって・・・現代社会で働く人の心に刺さる小説。

    「でたらめな相槌」 田中一葉                                                         

    わたしは帰宅すると、まずはうさぎのケージを覗きこみ、ただいまと声をかける――うさぎのクリームを抱いている時、「二人でひとつ」というほどの調和を感じる一方で、夫との会話は上手く噛み合わず、うさぎサークルで知り合った人々との関係もどこか、いびつ。淡々とした日常の底に流れる不穏さを描き出す。


    「いつかの光」 後藤高志

    その世界では、不倫は罪。犯した者はつる植物に変えられる――つる植物と化した父と暮らす、晴之と勲の兄弟。そこへ現れた少年コイショー、年の離れた腹違いの弟。父の不倫相手が産んだ子供・・・ぎこちない三人の出会いにピアノの音色が加わった時、なにかが始まる。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

カムvol.17カムvol.16カムvol.15カムvol.14

「気になる!」集計データをもとに表示しています。