こちらのアイテムは2019/9/8(日)開催・第七回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第七回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

古の英雄譚

  • D-02 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • いにしえのえいゆうたん
  • 神奈崎アスカ
  • 書籍|新書判
  • 288ページ
  • 1,500円
  • 2018/07/16(月)発行

  • 少女の故郷は、瞬きの間に凍った。
    霊峰マジュヒックの麓、ベルフ村に住む少女ラウは旅を余儀なくされる。全ては、世界に漂う妖精が一因となる氷を溶かす力を持つ、南の果ての森に住まう魔女に会うために。そして、村人と実りごと凍った村を救うために。
    道連れの一匹は、魔法の力添えを経て繋がる《朋番》の雌狼ミシャ。
    背に弓を、腰に剣を、瞳に使命を。一人と一匹、予断も許さぬ雪中行軍が始まる。

    極寒の旅路に出会う多種多様な民、妖精、自然を統べる大妖精。――そして、魔物、魔族、魔王。
    狼頭を持つ灰色の王と、炎を纏う赤眼の魔女。二つの出会いが、戦いが、ラウの人生を大きく狂わせてゆく。

    魔王、魔女、そして《英雄》
    古き世から未来へ、幾度も改竄を繰り返せども色褪せぬ、誰かの高祖の英雄譚、開幕。

    そして少女は知るだろう。
    《少女は少年として生き、魔女として死ぬ》
    あまりにも明確な予言の真意を。

    ※リンク先はお試し読み

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

滅びゆく物語の為の幻燈録古の英雄譚星と幻夜のセレナーデinto the skyGareriazzo Collection Ver.C【委託】あなたの万年筆はどこから?

「気になる!」集計データをもとに表示しています。