こちらのアイテムは2017/9/18(月)開催・第五回文学フリマ大阪にて入手できます。
くわしくは第五回文学フリマ大阪公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

短編小説集「星の瞳の君、冷たい朝焼け」

  • G-16 (詩歌|現代詩・散文詩)→配置図(eventmesh)
  • たんぺんしょうせつしゅう「ほしのひとみのきみ、つめたいあさやけ」
  • 豆塚エリ
  • 書籍|B6
  • 50ページ
  • 600円
  • 2017/05/01(月)発行
  • きれいにプレスをかけられたシャツの、甘さのない清潔なにおい。滲む感情が、どうかシャツのしみになりませんように。『スタンド・バイ・ミー』  

    聞きたくなかった。だけど、聞きたくないとは言えなかった。どんな些細なことでも、たとえ胸の内をかき乱されるような事実でもなんでも、馨さんのことはすべて知りたかった。『月をはらむ川』  

    ぶつかること、嫌われることを極端に恐れていた。言わずとも察して欲しかった。だけどそれが一番の甘え、一番のわがままだったかもしれない。『はだら雪のリリシズム』  


    少女の星の瞳は瞬く。かなしみに、さみしさに、しあわせに。恋のよるべのなさを描いた短編小説集。 

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

新装版 詩集「夜が濃くなる」詩集「柔らかな檻」森の精霊物語〜花の章・月の章〜自選詩集「金魚は尾ひれをうしなって」歌集「さよならセントルイス」文藝アンソロジィ「コンペイトー11」短編小説集「星の瞳の君、冷たい朝焼け」詩集「あまざらしの庭園」

「気になる!」集計データをもとに表示しています。